【2023新規開業】いいで! VOCO 大阪セントラル宿泊記

GOジブンイロ/voco大阪セントラル

元関西人アラフィフブロガー@owncolors50_jpによる国内ホテル宿泊記。

泊まってきました。出来立てほやほや新規開業ホテル【VOCO大阪セントラル】

大阪、京町堀という立地に出来たIHGホテルズ&リゾーツ日本初のブランドホテル。

洗練された新しいホテルをレポしていきます。

目次

・IHGホテルズ&リゾーツとは

IHGホテルズ&リゾーツ(InterContinetal Hotels Group)は、インターコンチネンタルを始めホリデーインなどの世界100カ国以上で展開しているイギリスに本部を置くホテルグループ。

6,000ものホテルを展開していて、今回のVOCO大阪セントラルは国内初ということで話題になっているのです。

国内ではANAと提携しており、ANAクラウンプラザホテル、ANAインターコンチネンタルホテルなどが日本展開しており、ラグジュアリーでハイクラスな滞在を楽しめ、独自ポイントプログラムIHG One Rewardsを設けていて、無料会員登録するだけで午後2時までのレイトチェックアウト等の特典があり、大変お得になっています。

IHG: インターコンチネンタルホテルグループ

このレイトチェックアウトって本当に助かるの。つい飲み過ぎてもう少し寝ていたい時とか、ゆっくりシャワー浴びて移動しようだとか余裕が持てます。大体のホテルってチェックアウト午前中だったりするので、有難いサービスです。

・VOCO大阪セントラル エントランス

VOCO大阪セントラル

ホテルが所在するのは、大阪市内のキタとミナミの間、京町堀というエリアですぐ近くに靭公園(うつぼ)があります。この靭公園なのですがニューヨークに例えるならば、リトルセントラルパーク。←関西人は例え好き。

公園周辺は都会のオアシス的で緑豊か。周辺にはお洒落なカフェや飲食店が多数あり、バラ園やテニスコートなどの施設が公園内にあり横に細長く続く公園なのです。この周辺エリアの賃貸は結構高め!VOCOはそんな界隈に建てられたホテルです。

ホテルに入るとまず、目に入ったのがこの柱となっている木材。

大阪には数ある高級ホテルが点在しますが、こちらのホテルは古木を再利用したモダンながら個性的な内装となっております。

VOCO大阪セントラル飴ちゃん

チェックイン時に、ウェルカムドリンクならぬ、ウェルカム飴ちゃんのおもてなしが。なんとも大阪らしいのですが、この飴ちゃん、たとえば飲食店などで「飴ちゃんどうぞ」と、食後にいただけたりするんですよ。

ちゃん。」とつけるのは、大阪の定番でしょうか。おっちゃん、おばちゃん、語尾に割とちゃんをつける。

私は大阪出身なのでちゃん慣れしてますが、久しぶりに聞くと大阪戻ってきたなぁと実感。

この飴ちゃんについてるマークは大阪市のシンボルマーク市章となっています。味は黄色いのでレモンかと思いきや、確かアップルだったような?

ちなみに「voco」とはラテン語らしく、「招待する」「呼び集める」という意味らしいです。

・ホテルルームツアー

VOCO大阪セントラル・プレミアムルーム ツインベッド ソファベッド付き

はい、こちら。今回私が宿泊したお部屋プレミアムルーム ツインベッド ソファベッド付きです。

スタンダードルーム との違いはバスタブが備え付けられているのと、ソファーベッドがあるので広めに感じます。

対になってるほうがライトもセンターに配置されてあったのでお洒落な感じだったので、このお部屋を選択しました。

ベッドはとてもふかふか。マットの硬さもほど良い感じ。この日の前日いつものように調子乗って飲み過ぎてしまったので、凄くよく眠れました(笑)

内装自体すごくシンプルなのですが、すっきりとしていて洗練されたデザインとなっています。

その他、畳のあるお部屋やバルコニーがあるお部屋もありますよ。お好みでいかがでしょうか?

VOCO大阪セントラル・プレミアムルーム ツインベッド ソファベッド付き

難点を言えば、壁が薄いかな。入り口がエレベーターからのお部屋から近かったせいもあるからか、扉の開閉時の音が聞こえてきたので。お部屋の中の音も漏れたりしてるのかな?けど、その音以外とても静か。静か過ぎて、扉の音聞こえてくるのかな?まぁ、ひとりで泊まっているので騒ぐ必要もないけれど。

ちなみに全館喫煙となっています。

室内には、ミネラルウォーターやコーヒーマシンに空気清浄機なども備わっており。微かに良い香りと空気が良いので快適に過ごせます。おひとりさまだと適度なゆったり感。

お部屋に備え付けられているアメニティは最低限となっており。必要なものは、フロントまでということでシンプルでした。櫛などに「和」を感じます。前述した柱や壁やお水などモダンジャパニーズな感じとなっていて、海外からのお客様もちょとした異文化を感じれて良いのではないでしょうか。実際海外からの宿泊客が多かったのです。

VOCO大阪セントラル

入浴剤とかあったのかな?聞けば良かった。

バスルーム、シャワー水圧もバッチリOKです。大事。

私は朝風呂ゆったりと楽しみました。普段家ではあまり湯船につからないけど、ホテルの大きな浴槽は寛げますよね。

・ホテル朝食は一階で

ホテル一階のフロアに、フロントデスク、レストラン、朝食会場と詰め込まれているので少し圧迫感があるのですが、洗練されてるおかげでスッキリと見えます。けれど、朝食会場はビュッフェなのですが、狭さゆえにデザートなどが置いている場所が最初気がつかなかったので、ぱっとわかる感じでなければ少し説明があっても良かったのかも。

朝食は和食と洋食と分かれているのですが、和食だとお洒落な重箱に入ったものが出てくるんです。

これも、説明か写真かあったら頼みたかったなぁ。他の宿泊者さんが頼んでたの見て、重箱の朝食素敵でした。

新規開業のホテルって比較的まだホスピタリティ面で確立されていないことが多いので、改善の余地はあるといえます。

実際に泊まられたレビューやらお客様とのコミュニケーションの中で気づきとかあったりするものなので。

これ、どんなに高級で五つ星ホテルとかでも同じですね。

私も今このブログ初めて3か月目ですが、意見とか友達に聞いたりしては読みやすさ見やすさなど改善していってるところです。長い目で成長できるように励みます。

エッグベネディクトをいただきました。

今回開業記念ということで、オープニングスペシャルのブレックファスト特典がついたプランで予約しました。

ビュッフェ利用とプレートが別途出てくるといった感じです。お重箱の写真撮りたかったなぁ。

私も和のものがあるとほっこりとするけれど、海外からの旅行者ウケしますよね。

VOCO 大阪セントラル  〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目7−1

さて、大阪市内で新規開業のこちらのホテルいかがだったでしょうか?

スタッフさんも物腰柔らかな笑顔で対応していただけて居心地良かったです。気負わない高級感といった感じで快適に滞在できますよ。

こちらの記事役に立ったり、興味深かったらコメントやTwitter登録いただけると、めっちゃ励みになります。

次回、元関西人による大阪グルメ、【美味しい大阪いただこ!】をテーマにお届け予定です。お楽しみに~。

▼今回の記事が気に入っていただけたらクリックしていただけると励みになります▼

フランスランキング旅館・ホテルランキング沖縄ランキング
GOジブンイロ/voco大阪セントラル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけるととっても励みになります!!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次